ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

レビスマ3箱+スペマン

Smart Mediscience、Himalaya Harbals
6000円~
(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

レビスマ3箱+スペマン
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
72錠 25%
OFF
8,000円 6,000円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

レビトラジェネリック(レビスマ)とED改善サプリ(スペマン)のお買い得セットです。

商品説明

レビトラのジェネリック医薬品レビスマ3箱に、インドのヒマラヤハーバルズ社が開発した天然成分配合のサプリメント、スペマンをおまけでつけたセット商品です。 先発薬レビトラと同様の効果があり、早ければ20分ほどで効果が発現される即効性を望めます。力強い勃起力が期待でき、最大10時間の持続性も兼ねそろえています。食事の影響も少なく、700kcalまでの食事であれば影響ないといわれています。まさにバイアグラの改良版ともいえるED治療薬です。 スペマンの効果は、精子増量・勃起促進・ペニス増大・滋養強壮・健康な精子形成などです。スペマンは、遅効性のものです。継続することで、徐々に効果が出てきます。 EDの症状は、「勃起に至るまで時間がかかる」、「性行為に不十分な硬度」、「勃起を維持できない」などさまざまです。膣内に挿入した後に、途中で勃起がおさまるなどもEDにあたります。原因もいくつか考えられ、年齢を重ねることからくる器質性ED、不安やストレスからくる心因性ED、またはその両方の混合型EDなどがあります。レビスマは、どの症状のEDでも効果が期待できます。 スペマンは、性機能の衰えを感じる方などに適しております。また活発な精子を形成する働きがあるので「男性の不妊治療」としても有効です。 有効成分バルデナフィルは、勃起の妨げとなっているPDE-5の過剰分泌を抑制し、陰茎部分の血流を正常にする働きがあります。その作用により、陰茎部分の血管が広がり、正常な勃起を促します。バルデナフィルは、他のED治療薬の成分に比べ非常に水溶性が高いため、すばやく体内に浸透していきます。このことから、勃起促進の効果発現も早くなります。 スペマンは、天然成分から作られた安全なサプリメントです。主に性欲向上につながる成分が入っています。天然成分なので、体に害もありません。 レビトラと同等の効果があり、価格面でも抑えられるレビスマは画期的な医薬品です。スペマンとのセットというお得な組み合わせなので、当サイトでも人気商品のひとつになっています。
その他ED治療薬ヒマラヤハーブのご購入はコチラ ★レビトラジェネリック ★ED治療薬EDサプリ
メディカル知識〔ED(勃起不全)

服用方法

■レビスマ 1日1回性行為の1時間前に経口服用します。 通常、成人には1日1回10mgを性行為の約1時間前に経口服用します。10mgでは十分な効果が得られない場合は、20mgに増量して服用します。ただし増量は、薬の忍容性が良好であること、器質性もしくは混合型EDである場合に限られます。(心因性EDには10mgで十分効き目があります。) 服用量を問わず1日1回飲んだ後、次の服用までには24時間以上間隔をあけてください。 過度なアルコール摂取時や食後すぐの服用は、本来の効果が得られない可能性がありますのでご注意ください。 出来るだけ空腹時、食事をする場合は食前の空腹状態の20~30分前に服用し、食事は脂肪分の多いものを避けるようにしましょう。 65歳以上の高齢の方や中等度の肝障害のある方、またa遮断薬を投与中の方は、症状が安定していることを確認した上で、服用開始用量を5mgからとして最高用量10mgを超えないよう慎重に服用してください。マクロライド系抗生物質を使った治療をしている方は、投与量が5mgを超えてはいけません。 半分もしくわ4分の1に割って使用するなどして工夫して服用しましょう。 ■スペマン 1日2回、食前に1錠を経口服用します。 1日2錠までの服用にしてください。

副作用

■レビスマ 頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常など 服用することで、ほてり、頭痛、めまい、鼻閉、消化不良などの副作用が出ることがあります。 局所的な部位にとはいえ、血管を拡げる作用のある医薬品ですので、時間の経過とともに症状が軽くなる程度のものでしたら、特に心配はありません。症状が重いようであれば、服用量を少なくするか、服用を中止して医師に相談をするなどしてください。 また、一過性の色覚異常が現われるケースが稀にあります。まぶしい、青と緑の区別がつかない、急な視力低下があれば、服用を中止して眼科医の診断をうけてください。 また、海外においてプリアピズム(持続勃起症)の症例がわずかながら発症しています。勃起が4時間以上痛みを伴い続くようであれば、直ちに医師の診断をうけてください。処置が遅れると陰茎組織の損傷や勃起機能の喪失するおそれがあります。 本来的に性交は心臓への負荷がかかる行為です。 心臓に障害があり、性行為が不適当と考えられる方に、ED薬の服用はオススメできません。健康な方に比べ、リスクが伴うことが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。 ■スペマン 現在までに副作用は報告されておりません。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。
詳しい情報は外部の専門サイトをご確認ください。

注意点

■レビスマ 【併用禁忌】 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等) ・リオシグアトアデムパス ・CYP3A4、リオシグアト阻害剤(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル、ケトコナゾール(外用剤を除く)、イトラコナゾール、コビシスタット、クラリスロマイシン、グレープフルーツジュース等) ・インジナビル(クリキシバン) ・アタザナビル(レイアタッツ) ・サキナビルメシル酸円(インビラーゼ) ・ホスアンプレナビル(レクシヴァ) ・ロピナビル・リトナビル(カレトラ) ・オムビタスビルパリタプレビルリトナビル(ヴィキラックス) ・ダルナビル(プリジスタ) ・コビシスタット(スタリビルド) ・テラプレビル(テラビック) ・先天性のQT延長症候群、クラスIA(キニジン、プロカインアミド等)又はクラスⅢ(アミオダロン、ソタロール等)の抗不整脈薬 【併用注意】 ・PDE-5阻害剤または他のED治療薬(マクロライド系抗生物質、エリスロマイシン等) ・ビカルタミド ・CYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール等) ・カルペリチド ・α遮断剤(テラゾシン、タムスロシン等) 【服用禁止】 ・過去にレビトラに含まれる成分で過敏な反応があった方 ・心臓に障害がある方(性行為自体が不適当な状態と考えられる方) ・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内にあった方 ・肝臓に重い障害がある方 ・血液透析が必要な腎障害の方 ・重度の高血圧、低血圧の方 ・網膜色素変性症の方 ・併用禁忌薬(上記)を使用している方 【服用注意】 ・陰茎構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病等)がある方 ・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある方 ・出血性疾患または消化性腫瘍のある方 ・a遮断剤を投与中の方 ・チトクロームP4503A4を阻害する薬剤を投与中の方 ・高齢(65歳以上)の方 ■スペマン 特にありません。

レビスマ3箱+スペマンの口コミ

(0)