ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

シアスマ3箱+スペマン

Smart Mediscience、Himalaya Harbals
6000円~
(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

シアスマ3箱+スペマン
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
72錠 25%
OFF
8,000円 6,000円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

シアリスジェネリック(シアスマ)とED改善サプリ(スペマン)のお買い得セットです。

商品説明

世界で最もシェア率の高いED治療薬シアリスのジェネック医薬品シアスマ3箱と、ヒマラヤハーバルズ社が開発したサプリメントのスペマンがおまけで付いたセット商品です。 シアスマは、先発薬シアリス同様に勃起促進効果に加え、最大36時間の効果の持続時間が特徴です。 世界初のED治療薬バイアグラの欠点であった食事の影響がなくなり、服用の頃合いを選ばなくなったのも大きなメリットです。メーカーの発表によると800kcalまでの食事は影響ないといわれています。 スペマンは、精子増量・性欲向上・勃起促進の効果が見込めます。 ED(勃起不全)は、誰にでも起こりえる男性特有の性機能障害です。勃起硬度が不十分であったり、勃起を維持できずに満足のいく性行為ができないなどの症状です。 原因は、加齢に伴いEDの症状が増加傾向ですが、不安やストレスから若年層の年代でも多くみられます。器質性、心因性または混合型のいずれの症状にもシアスマは有効です。 スペマンは、性機能の衰えだけではなく、日々の健康状態を維持する目的でもおすすめです。 有効成分タダラフィルは、勃起の妨げとなるPDE-5という酵素を抑制する働きがあります。PDE-5が抑制されることにより、血管が広がり、陰茎部分の血行を正常にすることで勃起促進効果が見込めます。 タダラフィルは、ブロック状の分子構造になっており、他のED治療薬の成分に比べ、水に溶けにくく身体にゆっくりと浸透していきます。その原理により、長時間の効果発現が可能となります。 スペマンの成分は、男性の性機能向上が期待できるエキスなどが含まれています。 シアスマは、インドの大手製薬会社スマートメディサイエンス社が製造開発した信頼性があるED治療薬です。 シアスマに、天然成分配合のサプリメントとして人気なスペマンが付いたお得なセットとなっています。
その他ED治療薬ヒマラヤハーブのご購入はコチラ ★シアリスジェネリック ★ED治療薬EDサプリ
メディカル知識〔ED(勃起不全)

服用方法

■シアスマ 1日1回性行為の3~4時間前に経口服用します。 シアスマの場合は、その薬を摂取したのち、体内に薬が浸透するまでに個人差が出ます。 早めに効きはじめる方で1時間、遅い方には4時間ほどかかる方の事例もあります。時間に余裕を持って、飲むことをオススメします。 過度なアルコール摂取時や食後すぐの服用は、本来の効果が得られない可能性がありますのでご注意ください。 通常、1日1回10mgの服用でも効果があるとされています。 今回初めてED治療薬を服用される方は、副作用の確認もかねて、少量からお試しになるのがよいでしょう。 服用後、次に飲むまでの間隔は、24時間以上あけてください。 肝臓や腎臓に障害のある方は、摂取量に注意が必要となります。 初回の摂取量の目安は1回につき5mgとなります。4分の1にカットして服用してください。多めに服用するとしても、1回に10mgを超える摂取はしないでください。 腎臓に重度の障害のある方は、より慎重な対応を要します。 1回につき5mgが服用上限量となります。 次の服用までの間隔も48時間以上あけてください。 ■スペマン 1日2回、食前に1錠を経口服用します。 1日2錠までの服用にしてください。

副作用

■シアスマ 頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常など 重い副作用の事例は滅多にないとされておりますが、可能性がゼロではありません。 副作用として比較的多くみられるのは、頭痛やほてりです。局所的な部位にとはいえ、血管を拡げる作用のある医薬品ですので、時間の経過とともに症状が軽くなる程度のものでしたら、特に心配はありません。 稀に重い過敏症の症状が現れるケースがあります。 発疹、じんま疹、顔面浮腫など、薬を飲むことにより、いくつかの症状が同じような時期に現れるようであれば、すぐにかかりつけの医師に相談してください。 痛みをともなう勃起が4時間以上続いた場合も、プリアピズムと呼ばれる持続勃起症の可能性がありますので、直ちに受診するようにしてください。 ご自身の体質、体調による変化もありますので、念のためご注意ください。 本来的に性交は心臓への負荷がかかる行為です。 心臓に障害があり、性行為が不適当と考えられる方に、ED薬の服用はオススメできません。健康な方に比べ、リスクが伴うことが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。 ■スペマン 現在までに副作用は報告されておりません。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。
詳しい情報は外部の専門サイトをご確認ください。

注意点

■シアスマ 【併用禁忌】 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) ・可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト 【併用注意】 ・CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビル、グレープフルーツジュース等) ・CYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール等) ・HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等) ・降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等) ・α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシン等) ・カルペリチド 【服用禁止】 ・過去にシアリスに含まれる成分で過敏な反応があった方 ・不安定狭心症のある方、性交中に狭心症を発症したことのある方 ・心臓に障害がある方(性行為自体が不適当な状態と考えられる方) ・肝臓に重い障害がある方 ・重度の高血圧、低血圧の方 ・重度の不整脈のある方 ・心筋梗塞の既往歴が3ヶ月以内にあった方 ・脳梗塞、脳出血の既往歴が6ヶ月以内にあった方 ・網膜色素変性症の方 ・併用禁忌薬(上記)を使用している方 【服用注意】 ・陰茎構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病等)がある方 ・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある方 ・出血性疾患または消化性腫瘍のある方 ・高齢(65歳以上)の方 ・a遮断剤を投与中の方 ・チトクロームP450 3A4を阻害する薬剤を投与中の方 ■スペマン 特にありません。

シアスマ3箱+スペマンの口コミ

(0)