ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

トップアバナ

サンライズレメディ
1950円~
(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

トップアバナ 80mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
4錠 35%
OFF
3,000円 1,950円 カートに入れる
20錠 41%
OFF
15,000円 8,780円 カートに入れる
28錠 51%
OFF
21,000円 10,290円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

トップアバナは、サンライズレメディ社が開発したプリリジー(早漏防止)+勃起促進成分のジェネリック薬です。

商品説明

新発売 トップアバナは、早漏と勃起不全の改善効果を掛け合わせた医薬品です。 ED(勃起不全)に悩む方のうち、3人に1人は早漏症を患い併発しているといわれています。 トップアバナは、まずED改善効果は発現し、そののち時間差で早漏改善効果が発現します。6時間~10時間ほどの効果発現がありますので、1回の服用で性行為に十分な時間を確保することが可能です。 せっかくED治療薬薬で勃起することができても、射精が早いとなると果たしてパートナーは性行為に満足しているのだろうか、と不安に感じることもあるでしょう。硬度を保った勃起を促し、射精コントロールも同時にできる治療薬がこのトップアバナです。 勃起を促進する有効成分は、第4のED治療薬といわれたステンドラと同じアバナフィルです。 バイアグラ、レビトラ、シアリスと同様、PDE-5阻害薬とよばれる治療薬です。飲んですぐ効く即効性と副作用がほとんどないことが特徴です。 体内の血管拡張剤ともいえるcGMPが放出されることにより勃起をし、cGMPを壊す酵素であるPDE-5によって勃起を抑えています。勃起不全はPDE-5の働きが強く出てしまっていることが要因とされています。有効成分アバナフィルの作用により、PDE-5を阻害し、cGMPの量を過剰に減らすことを防ぎます。その結果、正常な勃起を促すことが可能となります。 もうひとつの有効成分はポゼットと同一成分であるダポキセチンです。早漏改善に効果があります。 この成分の作用より、脳の性的興奮を鎮め、射精までの時間を引き延ばすことができます。臨床試験では通常の3倍~4倍ほどの時間延長ができたという報告があり、その有効性は早漏防止内服薬として世界で唯一認められたものです。 トップアバナは即効性の高さ、食事への影響のされにくさにより、服用のタイミングを選ばずに服用できることもメリットのひとつです。 用法・注意事項を確認の上、ご自身の症状にあわせて正しく服用しましょう。
メディカル知識〔早漏〕〔ED(勃起不全)

服用方法

1日1回性行為の30分前に経口服用します。 服用後、早い方で15分程度で効果が現れます。 服用の際は水で飲むようにしてください。 お茶、コーヒー、ジュース等、他の水分で服用すると、有効成分の効果が損なわれる可能性があります。 胃腸の弱い方には、常温水やぬるま湯と一緒に服用されることをお薦めします。 睡眠導入薬やアルコールとの併用は避けてください。 食事に影響されにくい治療薬ですが、体内への吸収はやはり空腹時の方がよいとされていますので、しっかりとした効果を得るために、なるべく空腹時に服用するようにしましょう。 また食事をする場合は、食前の空腹状態で先に服用し、食事は脂肪分の多いものを避けるようにしましょう。 初めてED治療薬や早漏改善薬を服用される方は、副作用の確認もかねて、錠剤を2分の1にカットするなどして、少量からお試しになるのがよいでしょう。 服用回数は1日1回を限度とし、次回の服用までの間隔は24時間以上あけてください。

副作用

頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、はき気、下痢、不眠、疲労感、視覚異常など 副作用が少ない治療薬ですが、アバナフィルは血管を拡張する作用がある薬ですので、それらにともなう頭痛、顔の火照り、鼻づまりなどの症状がでる可能性があります。 ダポキセチンの含有量が多ければ多いほど、効果発現が持続することは臨床試験でも検証されていますが、その分、副作用が強くでる可能性も高まります。 ただしダポキセチンは、服用から1日も経てば95%以上の成分が体外排出され、効果も副作用も徐々になくなります。 副作用がつらいようであれば、薬を半分にするなどして服用量の調整をしましょう。多くの場合、軽い症状にとどまりますが、忍容性には個人差がありますので、それらの症状を強く感じる場合は、服用を中断し、医師に相談するようにしてください。 24時間以上経過しても副作用がなくならない場合は、直ちにかかりつけの医師にご相談ください。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。

注意点

【併用禁忌】 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) ・塩酸アミオダロン(アンカロン錠) ・MAO阻害薬 ・チオリダジン ・SSRI、SNRI、3環系抗うつ薬、その他セロトニンに作用する医薬品(Lトリプトファン、トリプタン、トラマドール、リネゾリド、リチウム、セイヨウオトギリソウ等) ・CYP3A4阻害薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、テリスロマイシン、ネファンドゾン、ネルフィナビル、アタザナビル等) ・クラリスロマイシン、テリスロマイシン 【併用注意】 ・降圧剤 ・α遮断剤 ・カルペリチド