ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

ドラスマ

スマートメディサイエンス
1800円~
(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ドラスマ 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
4錠 10%
OFF
2,000円 1,800円 カートに入れる
20錠 19%
OFF
10,000円 8,100円 カートに入れる
40錠 37%
OFF
20,000円 12,600円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ドラスマは、スマート社が開発したステンドラのジェネリック医薬品で、バイアグラ・レビトラ・シアリスに次ぐ第4のED治療薬です。

商品説明

ドラスマは、スマートメディサイエンス社が開発したステンドラのジェネリック医薬品で、3大ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)に次ぐ第4のED(勃起不全)治療薬です。 先発薬ステンドラと同等の効果があるので、最短15分での効果発現が見込める即効性をもっています。バイアグラのような力強い勃起力があり、シアリスと同様に食事の影響も少ないとされています。他のED薬比べて副作用が少ないとされています。 まさに3大ED治療薬のメリットだけを抽出したような医薬品です。 EDは男性機能障害のひとつで、「勃起するまでに時間がかかる」・「膣内に挿入後、途中で萎えてしまう(中折れ)」・「勃起を維持できない」などの症状です。男性であれば、誰でも発症する可能性があります。原因として、加齢による動脈硬化からくる器質性ED、日常的からくるストレスなどの精神的なものからくる心因性ED、または両方の混合型EDなどがあります。ドラスマを服用することにより、全ての症状のEDに効果があります。即効性を求めている方や、他の治療薬の副作用が気になる方などにおすすめです。 有効成分アバナフィルは、他のED治療薬の成分と同様、PDE-5阻害薬になります。勃起の妨げとなっているPDE-5という酵素の分泌を抑制することにより、陰茎周辺の血流を正常にさせ勃起を促進させます。最高血中濃度は、30~45分とされ、これはレビトラよりも早いことになります。 アバナフィルは、韓国でゼピーダ・ヨーロッパではスペドラという名称で販売されています。日本国内では、あまり認知されていない医薬品ですが、その安全性・有効性から今後、世界的に広まっていく治療薬となるでしょう。 ドラスマは、先発薬ステンドラと同じ効き目をもち、価格を抑えられるジェネリックですので、当サイトでも非常におすすめの商品です。
その他ED治療薬のご購入はコチラ ★ステンドラジェネリック
メディカル知識〔早漏〕〔ED(勃起不全)

服用方法

性行為の30分前に経口服用します。 コップ1杯程度の水もしくはぬるま湯で服用してください。 どの薬にも言えること基本的なことですが、意外に守られていないこともあるようです。「水分ならなんでもいいだろう」「お腹に入ってしまえば、ほかの食べ物などと混ざってしまうのだからなんでもいいだろう」という考えは間違いです。薬との相互作用を引き起こし、有効成分の効果が損なわれる可能性がありますのでご注意下さい。 食事の影響を受けにくい医薬品ですが、過度なアルコール摂取時や食後すぐの服用は、本来の効果が得られない可能性がありますのでご注意ください。出来るだけ空腹時に服用することをおすすめしています。 効果には個人差がありますので、初めてED治療薬を服用される方は、副作用の確認もかねて、少量から服用するのがいいでしょう。

副作用

頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常など 副作用の多くは、薬の過量使用によるものです。 これらの症状を強く感じる場合は、服用用量を少なくするなど、ご自身の身体にあうように調整をしましょう。 めまいや色覚異常が現われることがありますので、車の運転や機械操作などに影響がないよう配慮してください。万が一、急激な視力低下などを感じた場合は、視神経症のリスクを考慮し、すみやかに眼科専門医の診察を受けるようにしましょう。 勃起が4時間以上継続するようであれば、すみやかに病院で診断を受けてください。少数ではありますが、海外で持続勃起症(プリアピズム)の発症事例があります。 その他、この薬を服用することで重い副作用が出る場合は、無理に服用せず使用を中断し、医師または薬剤師に相談をしてください。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。

注意点

【併用禁忌】 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) ・塩酸アミオダロン(アンカロン錠) ・チトクロームP450 3A4阻害薬(リトナビル、サキナビル、ダルナビル、エリスロマイシン、シメチジン、ケトコナゾール、イトラコナゾール等) ・クラリスロマイシン、テリスロマイシン 【併用注意】 ・チトクロームP450 3A4誘導薬(リファンピシン等) ・降圧剤 ・α遮断剤 ・カルペリチド