ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

ジマリス

Zimmar Pharma Ltd
2250円~
(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ジマリス 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
4錠 10%
OFF
2,500円 2,250円 カートに入れる
12錠 28%
OFF
7,500円 5,400円 カートに入れる
20錠 37%
OFF
12,500円 7,920円 カートに入れる
28錠 43%
OFF
17,500円 9,940円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ジマリスは、Zimmar Pharma Ltd社が開発したシアリスのジェネリック医薬品で、勃起不全(ED)の治療薬です。

商品説明

ジマリスは、世界シェアNo1を誇るED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。 先発薬のシアリスと同じく、ED治療薬の服用時に懸念されていた食事の影響をクリアにし、性的リビドーのもとで自然な勃起改善を促す治療薬として、イギリスのジマーファーマ社が開発しました。 シアリスジェネリックであるジマリスの特徴を3つにまとめると ・服用時に食事の影響を受けない(800キロカロリー目安) ・マイルドな効めで血管促進作用するため、従来のED治療薬に比べ副作用が少ない最大36時間の長時間作用 服用後、有効成分タダラフィルが体内にゆっくり時間をかけて浸透し、性行為におよぶ際には十分な勃起を促す効果があることから、日常生活に自然に取り入れやすい商品となっております。 遅効性な薬剤のため、穏やかに身体に浸透するため、身体に優しい効能で副作用も出にくいのがメリットといえます。また血行促進作用という点で、アンチエイジングとしても取り入れやすいPDE5阻害剤です。 PDE5阻害剤には、PDE5の活性化を遮断し、海綿体平滑筋を弛め、陰茎海綿体に流し込む血液量を増加させ、勃起維持するために必要な硬度を保つ作用があります。 ジマリスの有効成分タダラフィルは、シルデナフィルやバルデナフィル同様、勃起不全の原因になるPDE5という酵素を阻害することで、陰茎の血液の流れを促進し、性行為に不可欠とされる勃起力とその維持をサポートする役割を担っています。 他の2剤に比べ、効果作用時間が長時間であることが特長的で、性行為の途中で効果がきれてしまうのではないか、という焦りを感じることなく使用できる点が世界中で支持されている理由のひとつといえるでしょう。特に心因性EDに悩んでいた方には、お薦めの商品となります。 当サイトでお取り扱いしているジマリスは、日本語パッケージ版で、医薬品の説明書きなども国内販売のものと変わらず、使用上の注意なども確かめやすいものとなっております。 正しい効果を得るため、用法・服用にあたっての注意、併用禁忌薬などを事前に確かめてから正しく使用してください。 安全に服用し、満足感のあるナイトライフを取り戻しましょう。
その他ED治療薬のご購入はコチラ ★シアリスジェネリック
メディカル知識〔ED(勃起不全)

服用方法

1日1回性行為の3~4時間前に経口服用します。 ジマリスの場合は、その薬を摂取したのち、体内に薬が浸透するまでに個人差が出ます。 早めに効きはじめる方で1時間、遅い方には4時間ほどかかる方の事例もあります。時間に余裕を持って、飲むことをオススメします。 過度なアルコール摂取時や食後すぐの服用は、本来の効果が得られない可能性がありますのでご注意ください。 出来るだけ空腹時に服用するようにし、食事をする場合は食前の空腹状態で先に服用し、食事は脂肪分の多いものを避けるようにしましょう。 通常、1日1回10mgの服用でも効果があるとされています。 今回初めてED治療薬を服用される方は、副作用の確認もかねて、少量からお試しになるのがよいでしょう。 服用後、次に飲むまでの間隔は、24時間以上あけてください。 肝臓や腎臓に障害のある方は、摂取量に注意が必要となります。 初回の摂取量の目安は1回につき5mgとなります。4分の1にカットして服用してください。多めに服用するとしても、1回に10mgを超える摂取はしないでください。 腎臓に重度の障害のある方は、より慎重な対応を要します。 1回につき5mgが服用上限量となります。 次の服用までの間隔も48時間以上あけてください。

副作用

頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常など 重い副作用の事例は滅多にないとされておりますが、可能性がゼロではありません。 副作用として比較的多くみられるのは、頭痛やほてりです。局所的な部位にとはいえ、血管を拡げる作用のある医薬品ですので、時間の経過とともに症状が軽くなる程度のものでしたら、特に心配はありません。 稀に重い過敏症の症状が現れるケースがあります。 発疹、じんま疹、顔面浮腫など、薬を飲むことにより、いくつかの症状が同じような時期に現れるようであれば、すぐにかかりつけの医師に相談してください。 痛みをともなう勃起が4時間以上続いた場合も、プリアピズムと呼ばれる持続勃起症の可能性がありますので、直ちに受診するようにしてください。 ご自身の体質、体調による変化もありますので、念のためご注意ください。 本来的に性交は心臓への負荷がかかる行為です。 心臓に障害があり、性行為が不適当と考えられる方に、ED薬の服用はオススメできません。健康な方に比べ、リスクが伴うことが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。
詳しい情報は外部の専門サイトをご確認ください。

注意点

【併用禁忌】 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) ・可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト 【併用注意】 ・CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビル、グレープフルーツジュース等) ・CYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール等) ・HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等) ・降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等) ・α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシン等) ・カルペリチド 【服用禁止】 ・過去にジマリスに含まれる成分で過敏な反応があった方 ・不安定狭心症のある方、性交中に狭心症を発症したことのある方 ・心臓に障害がある方(性行為自体が不適当な状態と考えられる方) ・肝臓に重い障害がある方 ・重度の高血圧、低血圧の方 ・重度の不整脈のある方 ・心筋梗塞の既往歴が3ヶ月以内にあった方 ・脳梗塞、脳出血の既往歴が6ヶ月以内にあった方 ・網膜色素変性症の方 ・併用禁忌薬(上記)を使用している方 【服用注意】 ・陰茎構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病等)がある方 ・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある方 ・出血性疾患または消化性腫瘍のある方 ・高齢(65歳以上)の方 ・a遮断剤を投与中の方 ・チトクロームP450 3A4を阻害する薬剤を投与中の方