ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

タダラフィル

タダラフィルとは

タダラフィルはPDE-5阻害薬(ホスホジエステラーゼ5阻害剤)の一種で長時間作用が認められている成分です。
ED(勃起不全)や前立腺肥大の排尿障害、肺動脈性肺高血圧症の治療に用いられ、日本ではシアリスやザルティア、アドシルカなどの薬剤が販売されています。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルやレビトラのバルデナフィルも同じPDE-5阻害薬ですが、タダラフィルはこの中でも長い時間はたらく特徴をもちます。そのため翌日にも作用し、飲食に左右されにくい成分を活かした薬剤として利用されています。

効果

タダラフィルはブロック状の分子構造を持ち、水に溶けにくく胃腸からの吸収や肝臓での代謝・分解がゆっくりおこなわれます。このため以下の特性をもちます。

  • 24時間から最大36時間効果が持続
  • 食事やお酒の影響を受けにくい
  • 副作用が出ない、または出ても弱い

ED治療薬としては、バイアグラやレビトラより長時間効果を持続させられ、飲食の影響を受けないので服用のタイミングを伺う必要もなく、体に負担をかけず自然に使えて副作用の心配もいらないためシアリスという名称で上記2つのED薬の欠点を補う効果を持って開発されました。

本来、男性は性的刺激や興奮を覚えると脳の中枢神経から脊髄神経に情報を伝達し、一酸化炭素(NO)を放出します。一酸化炭素が放出されると陰茎を通る動脈が拡がり、血管拡張作用を持つcGMP(環状グアノシン一リン酸)を形成させ陰茎海綿体の平滑筋も弛緩させます。そこから陰茎に大量の血が流れ込み、海綿体が膨張・硬化を維持することで勃起が引き起こされます。
それから性的興奮が治まるか射精をおこなうなどして、陰茎を鎮めるための酵素PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)が分泌され陰茎は通常の状態に戻りますが、EDはこのPDE-5が何らかの原因で過剰に分泌され、勃起に必要な血流が滞ることで起こります。

タダラフィルはPDE-5の働きそのものを抑えて、同時に陰茎周辺か肺にある一酸化炭素作動性神経に作用し、血管を拡張させ血流量を増やし陰茎の硬化状態を維持させる作用を持ちます。

またタダラフィルにより陰茎が硬度を増すことで刺激に少なからず鈍くなり射精までの時間を遅らせる効果もあると言われているため、軽度の早漏であればシアリスやシアリスジェネリックで改善できるでしょう。より確実に治したい方は、タダラフィルに早漏改善成分ダポキセチンの配合された、タダポックスなどの早漏改善・防止薬がおすすめです。

体にストレスがかからず自然に勃起を促せることから、神経系や血管の機能に問題のある器質性EDだけではなく、精神的な不安や緊張などの心因性ED、あるいは両方が原因になっている混合型のいずれにも有効です。
成分量については、基本的に成人男性の1日の摂取限度量は20mgまでとなっておりますが、欧米より体格の小さい日本人男性は10mgでも十分な効果が得られるでしょう。

なおタダラフィルに性欲を増進させる働きはありません。性的刺激や興奮がなければ作用せず、タダラフィルが体内から抜けるまで36時間ずっと勃起し続けることにはなりません。そのため服用しても日常生活に問題なく送れて、安心して投与できる成分です。

ED改善以外の効果

タダラフィルは、前立腺肥大による排尿障害や肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使われています。

前立腺は膀胱のすぐ下の臓器で、ここが大きくなると尿道を圧迫し排尿機能が低下します。さらに悪化すると排尿に時間がかかり残尿感や頻尿といった症状も出てきて、前立腺肥大症と呼ばれます。
タダラフィルの配合されたザルティア錠は、前立腺の血管にいる酵素PDE-5を抑え、前立腺や膀胱、尿道への血流を上げ酸素が行き渡るようにします。そうすると破損した尿路組織構造の修復がされて、さまざまな症状が改善すると考えられています。

同じくタダラフィルが有効成分になっているアドシルカ錠は、肺動脈性肺高血圧症の治療薬として開発されました。肺高血圧症とは肺動脈圧が上昇して起こる症状の総称で、日本での患者数が約6,000人いる、死亡リスクの極めて高い病気です。
PDE-5は陰茎海綿体や前立腺だけではなく肺動脈平滑筋にも存在していますので、タダラフィルのPDE-5阻害作用により肺血管抵抗や肺動脈圧を低下させ症状の安定や改善をはかります。

副作用

治験時ではシアリスが29.0%、ザルティアが11.0%、アドシルカで53.1%の患者に副作用がみられました。

血管を拡げる作用があるため、頭痛や顔のほてりが一番多く報告されています。
それ以外の副作用として鼻づまりや動悸、頻脈、血圧の変動、めまいが起こることがあります。目の前が眩しく感じたり、青みがかって見えたり、青と緑の区別がつきづらくなるといった視覚異常を感じることもありますが、いずれの副作用も時間の経過とともにおさまってきます。
これらの症状はあくまで一過性のものですが、服用のタイミングや個人差によってあらわれ方は変わりますので、服用後は車の運転や危険な道具の使用、高所などでの作業はお控えください。

ごく稀に発疹や蕁麻疹、顔面浮腫、喉や舌の腫れ、呼吸困難になるほどの咳、全身発赤などの重い過敏症があらわれることもあります。このような症状が出た場合、医薬品の服用を止めてお近くの病院で診察を受けてください。
こちらもめったにないケースですが、持続勃起症(プリアピズム)といって性的刺激がない状態にもかかわらず痛みを伴う勃起が4時間以上続いた場合も、医師による判断を仰ぐ必要があります。

併用禁忌薬

硝酸剤や一酸化炭素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等の硝酸エステル系薬剤)と可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)は、タダラフィルとの併用で降圧作用をおこし血圧を急激に下げる危険があるため併用してはいけません。

またCYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビル、グレープフルーツジュース等)やCYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール等)、HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等)は、一定時間経過で薬の成分を分解・代謝・排出する酵素CYP3A4を抑えてしまい体に悪影響をおよぼすため注意が必要です。

降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等) やα遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシン等)、カルペリチドといった薬剤も、血管拡張作用による降圧作用で極端な血圧の低下を招く恐れがあります。

同様に、過去にタダラフィルの投与によるアレルギー反応があった方や不安定狭心症のある方、重度の高血圧・低血圧の方、重度の不整脈のある方、肝臓に重い障害を持つ方、網膜色素変性症の方は、タダラフィルの含まれた医薬品の服用はできません。
心臓に障害がある方、心筋梗塞の既往歴が3ヶ月以内にあった方、脳梗塞や脳出血の既往歴が6ヶ月以内にあった方も、危険な状態に陥るリスクが高いため使用しないで下さい。

他には、血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)を持つ方、出血性疾患または消化性腫瘍のある方、陰茎構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病等)がある方、高齢(65歳以上)の方、a遮断剤を投与中の方、チトクロームP450 3A4を阻害する薬剤を投与中の方は、服用に十分な注意を払わなければいけません。
これらの併用禁忌薬、服用に際しての注意事項について、詳しくはシアリスの添付文書情報をご確認ください。

以上に該当していてタダラフィル錠の服用を希望される方は、必ず医師や専門家に相談し判断を仰いでください。

ED治療薬の種類

タダラフィルが有効成分であるシアリスは、ED(勃起不全)の悩みを解消する第三世代の治療薬として世界的な人気を誇ります。各国1,000万人以上の人が利用し、2003年には先に出ていたバイアグラやレビトラを抜いて世界シェア1位を獲得しました。

その反面で、先発薬であるシアリスは1錠あたりの価格が1,400~1600円と高く経済的な負担がかかりがちですが、様々なメーカーから同様の成分・効果を持ちながら1/3の値段で買えるジェネリック医薬品も多数販売されています。

長時間の持続効果や飲食の影響を受けにくく自然に効く効果はそのままで非常に安く買えるシアリスジェネリックには、錠剤タイプだけではなくゼリータイプやフィルムタイプ、舌下錠タイプなど形状や成分含有量の違うものなどバリエーション豊富です。
各先発薬と違いシアリスジェネリックやバイアグラジェネリック、レビトラジェネリックは特許の問題で海外薬通販でしか購入できませんが、個人輸入代行サイトは手軽に利用できるシステムになっています。ご自身の体質や生活に合わせて必要な薬を選ぶことも可能ですので、豊かなナイトライフを送るサポートになるでしょう。